カードローンでの借り過ぎ

多重債務の原因となっているのがカードローンです。カードローンは急な出費などに申し込んだその日にキャッシングできたりするので非常に便利なものです。

そして、返済する時にも繰上返済手数料もかかりませんから、いつでもすぐに返済ができるというのもメリットです。そのため、万が一の時に備えて1枚カードローンを持っておくと便利です。

ただカードローンは便利な反面、簡単にキャッシング出来てしまうため借り過ぎになってしまう事が多々あるのです。
今は消費者金融などでは融資審査の際、総量規制によって年収の3分の1を超える借入はできない事になっています。


ですので、かつてほどカード破産という言葉を耳にする事は少なくなってきていますが、それでも借り過ぎにより多重債務となって返済が厳しくなってしまう事は充分に考えられるのです。

その理由が金利が高いという点です。金融機関によっては毎月の返済額が少なくていい、といメリットがあるところもあります。
ですが、実際に返済した内訳をみると返済額の半分近くが利息だったりするのです。特に借入金が多くなってしまうと、その傾向が大きくなります。

カードローンで数万円借入する分には、毎月の利息も1000円以下となる事が多いですが、20〜30万円となってしまうと仮に毎月1万円返済しても4000円前後が利息としてかかるのです。

しかもカードローンは再キャッシングもできるので、返済してすぐにキャッシングするという方もいます。そうなるといつまで経っても元金が減らないのです。

クレジットカードをどんどん使った

多重債務の原因は借金だけと思いがちです。実は意外と見落としがちなのがクレジットカードの使い過ぎです。
クレジットカードは手持ちのお金がなくても買い物ができる非常に便利なものですが、これも厳密に言えば借金です。

しかも一般的な借入と違って、クレジットカードの場合、どれくらい使っているのか分からなくなっている人も少なくないのです。それにより、気がついた時には毎月の返済額がかなり多くなって返済が困難になってしまうということがあるのです。

クレジットカードは申込の時点で利用枠が設定されるものですが、40〜50万円もの利用額となっている場合も少なくありません。
しかもいろいろなクレジットカードを何枚も持っているという方もいるのではないでしょうか。

そうなると、それをフルに使ってしまうと、毎月の返済額が何万円にもなってしまいます。そして返済して枠が余れば、それでまた買い物ができるので、結局なかなか元金が変わらない状況になってしまうのです。

しかも一般的な借金とは違って、クレジットカードの場合は借金という意識が薄いです。もちろん、買い物をして一括払いするのであれば、金利はほとんどかかりませんが、分割払い、リボ払いなどにすると、金利手数料がかかるのです。

それはカードローンと変わらない高金利なものなのです。どんどん使ってしまうと、気が付くと何十万円、何百万円という大金にまで膨れ上がってしまっていることもあるのです。

ですので、頻繁にどれくらい使っているのか、毎月の返済額はいくらになって利息はどれくらいなのかを確認してみましょう。

多重債務に悩ませられたら司法書士に相談しましょう

リストラや倒産

多重債務の原因としては、カードローンやクレジットカードなどで考えなしにどんどん借りてしまったために陥ってしまうというケースが多いです。

ですが、そういった無計画にお金を使う訳ではなく、しっかりと返済計画を考えて借りている方もいるのです。そういった方でも多重債務となってしまうケースもあります。


それがリストラや倒産です。バブルがはじけて以来、ピークよりは少なくなったとはいえ、リストラされたり、会社自体が倒産してしまうという事も起こりえるものです。

いくら借金をしようとも、毎月しっかりと返済できるのであれば、多重債務ではありません。ただ、その返済をするのはあくまで働いていて給料が得られているからに過ぎません。

リストラや倒産に遭ってしまうと、一定期間は失業保険が出るものの、それがなくなれば返済していくのが困難になってしまうでしょう。そういったケースで収入がなくて返済できず多重債務となってしまう方もいます。

また、それまでは借金がなかったのに、リストラや倒産に遭ってしまったことにより、カードローンやクレジットカードでの買い物が増え、結果的に多重債務となってしまう方もいるのです。

リストラや倒産はある日突然やってきたりするもので、どうする事も出来ないこともあります。ですので、いくら毎月しっかり返済できる額だからといって多額の借金はしないようにするのも一つの予防策になります。

また、借りてもできるだけ早く返済して元金を減らしておくことも大切です。